ABOUT

グローバル・ネットワーク協議会の概要
GNCJは地方からイノベーションを起こし、
グローバル展開を支援するための組織です。

BACK
GROUND

設立までの背景

我が国には優れた技術を持つ地域企業が数多くありますが、その技術力をイノベーションに繋げ、世界の市場をリードする新しい流れを作り出すまでには至っていない事例が少なくありません。このため、政府としては、ローカルイノベーションによって地方に良質な「しごと」を創出するために、経済産業省、内閣官房、文部科学省等が連携して地域企業のグローバル展開等を支援し、地域からイノベーションを起こして地域経済を活性化させる新しい「日本型イノベーション・エコシステム」の構築を目指すこととなりました。(※)

(※)「日本再興戦略2016」及び「まち・ひと・しごと創生基本方針2016」(いずれも平成28年6月2日閣議決定)
①地域経済を牽引する地域中核企業等による先導的なプロジェクトを、平成28年度以降、毎年200程度を目安に、5年間で約1,000支援する。
②グローバル・ネットワーク協議会を設置し、国際市場に通用する事業化等に精通した専門家からなるグローバル・コーディネーターを組織化し、グローバル市場も視野に入れた事業化戦略の立案や販路開拓等を支援する。

「グローバル・ネットワーク協議会(以下GNCJ)」は、こうした「日本型イノベーション・エコシステム」の核となる推進組織として平成28年6月9日に設立されました。
平成28年度は経済産業省、文部科学省事業において、全国多様な地域(北海道から沖縄まで)で多様な分野(機械、IT、素材、バイオ、農業、環境・エネルギー等)にわたる地域中核企業等による約200プロジェクトが採択されました。
GNCJでは、世界レベルで活躍する「グローバル・コーディネーター(GCD)」25名を結集し、全国約200プロジェクトの各フェーズに応じた支援を実施していく予定です。

POINT

支援のポイント

世界レベルで活躍するグローバル人材を結集

アメリカ・シリコンバレーで活躍する起業家、我が国トップクラスの経営コンサルタント、著名なベンチャーキャピタリスト、IoT・ロボット等の分野における世界トップクラスの若手技術者などが、事務局を通じて地域の支援人材と連携し、地域中核企業のグローバル展開等を強力にサポートします。

プロジェクトのフェーズに応じた支援

ネットワークの構築による事業遂行の体制整備の段階から、事業化戦略の立案・海外を含む販路拡大の段階に至るまで事業の成長段階に応じてサポートします。

経済産業省、内閣官房、文部科学省等の関係省庁等が連携

プロジェクトからの様々な要求に応えるため、協議会が適切な関係省庁と連携し、きめ細かい支援体制を構築。JETRO、中小機構、産総研、JST等の関係機関のリソースも活用します。

民間ビジネスとの連携

プロジェクトからの求めに応じて、金融機関や人材派遣会社などと連携し、利用可能な既存の民間のプロフェッショナルサービスを紹介します。

NETWORK

連携体制

グローバル・ネットワーク協議会
事務局幹部

黒岩 理

Kuroiwa Osamu
事務局長

1983年東京大学法学部卒業後、通商産業省入省。企業立地政策の担当部局、岩手県、兵庫県での勤務等を経験。独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)総務部長、経済産業省関東経済産業局総務企画部長、内閣官房地域活性化統合事務局次長、株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)専務執行役員企画調整室長等を歴任。2016年4月より一般財団法人日本立地センター専務理事。

大西 正一郎

Onishi Shoichiro
事務局長代行

早稲田大学法学部卒業。1992年に東京弁護士会弁護士登録(44期)後、奥野総合法律事務所(現 奧野総合法律事務所・外国法共同事業)に勤務し、1997年にパートナー弁護士に就任。2003年に株式会社産業再生機構に入社し、マネージングディレクターに就任。カネボウ株式会社の事業再生計画策定等にも携わり、同社取締役に就任して再生計画の実行を支援。栃木レザー株式会社(旧商号栃木皮革株式会社)といった地方案件でも案件責任者を務める。 2007年にフロンティア・マネジメント株式会社を設立し、代表取締役に就任。同社設立後は、2009年にJAL再生タスクフォースのメンバー、2011年には内閣官房東京電力経営・財務調査タスクフォース事務局次長を務める。

梶川 義実

Kajikawa Yoshimi
事務局次長

1985年横浜国立大学大学院経済学研究科修士課程修了後、財団法人計量計画研究所入所、研究員として産業振興の調査研究に取組む。1998年に財団法人日本立地センター入所。現在、地域イノベーション部長として全国の産業支援機関、国、自治体、大学等との交流連携推進業務を統括している。2007年より日本ベンチャー学会ビジネス・インキュベーション研究部会代表世話人。経済産業省、文部科学省、大阪市、新潟市等のビジネス・インキュベーション等に関する有識者委員を歴任。全国イノベーション推進機関ネットワーク事務局次長を兼務。

矢島 政也

Yajima Masaya
GCD担当次長

1993年にアンダーセン・コンサルティング(現 アクセンチュア株式会社)に入社。金融担当部門シニアマネージャーを経て、2004年に株式会社産業再生機構に入社。投融資審査・モニタリンググループ兼プロフェッショナル・オフィスのシニアマネージャーに就任。2007年にフロンティア・マネジメント株式会社の設立に参加し、マネージング・ディレクター並びに執行役員に就任。産業再生機構では、ミドル部門の業務を行うと共に旧 カネボウ株式会社や株式会社ダイエー等のフロント業務に従事。フロンティア・マネジメントでは、案件責任者として地方企業(製造業等)の事業再生や業績改善プロジェクトを多数主導。

朝倉 陽保

Asakura Haruyasu
スーパーバイザー

1984年三菱商事株式会社に入社し、機械グループ及び情報産業グループにて事業開発、事業投資に従事。2001年にカーライル・ジャパンのマネージングディレクターに就任し、日本におけるプライベートエクイティ投資の立ち上げを主導。2009年に株式会社産業革新機構専務取締役(COO)に就任し、投資活動全般を統括するとともにジャパンディスプレイの設立やルネサスエレクトロニクスの再建を主導。2016年3月に三菱商事及び三菱東京UFJ銀行が出資する株式会社丸の内キャピタル代表取締役社長に就任。

グローバル・ネットワーク協議会事務局

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館8F
一般財団法人日本立地センター 地域イノベーション部内
TEL: 03-3518-8977 FAX: 03-3518-8970
E-mail: gncj_info@jilc.or.jp
URL: http://www.gncj.go.jp

グローバル・ネットワーク協議会事務局は、経済産業省の委託を受けて一般財団法人日本立地センターが運営しています。